ウォーターサーバー ノルマなし

ウォーターサーバーにノルマなしのメーカーは、ほとんどない!?

ウォーターサーバー ノルマなし

 

毎月の定期注文・・・
ウォーターサーバーにノルマなしは、あるの?

 

 

 

使わないのに、ノルマがあるからしょうがなく注文して・・・
余ったボトルが部屋を占拠してジャマで・・・

 

なんてことは、避けたいですよね。

 

 

 

ということで、有名どころのウォーターサーバーについて、
定期的な(水ボトル)注文のノルマある・ノルマなしを調べてみました。

 

 

一覧にすると、こんな感じになります。

 

 

ウォーターサーバーメーカー一覧 〜ノルマなしはどこ?〜

メーカー名 ノルマ(あり/なし)
アルピナウォーター なし
サントリー天然水 なし
アクアクララ なし
富士の湧水 なし
ハワイウォーター なし
コスモウォーター 2本(24リットル)
フレシャス 1箱(28リットル)
クリティア 2本(24リットル)
ドリームウォーター 2本(24リットル)
オーケンウォーター 2本(24リットル)
クリクラ 3か月で6本以上(1か月平均2本)
アクアセレクト 2本(24リットル)

 

 

 

じゃあ、ノルマがないところは、すっごいお得か!?

 

 

というと、単純にそういうわけではなく、
ウォーターサーバーでノルマなしのところは、サーバーレンタル料金がかかります。

 

 

メーカー サーバーレンタル料
アルピナウォーター 1か月572円
サントリー天然水 1か月1
アクアクララ 1か月1
富士の湧水 1か月762円
ハワイウォーター 1か月572円

 

 

ウォーターサーバーのノルマなしを探してるのに、
結局、お金はかかるのか・・・と思うかもですが、

 

ウォーターサーバーのメーカーは
水を飲んでもらって売上が上がる会社だから、
まあ、しょうがないですよね。

 

 

 

なぜって、色々コストかかってますから。

 

 

水をボトルに入れるのも、
ボトルを倉庫において保管しておくのも
ボトルを配送したり、回収するのも、

 

 

単においしい、きれいな水を用意する以外にも、
考えてみれば、ウォーターサーバーのメーカーさんは、
いろいろなコストがかかっているんですよね。

 

 

単純に、ウォーターサーバーのノルマなしがいい!と思うだけじゃなく、

 

こうやって、考えると
ウォーターサーバーのメーカーもがんばってくれて
ありがたいなーと思いますね(^^)

 

 


ウォーターサーバーのノルマなしは、誰にとって一番お得か?

 

ウォーターサーバーのメーカーが頑張ってくれてるのはありがたいけど・・・

 

それでも、やっぱりウォーターサーバーは「ノルマなし」がいいですよね。

 

だって、飲みもしない、使いもしない水のために、
ノルマだからといって、料金を払うなんて、私もイヤです(^_^;

 

 

飲まない、使わないのに払うお金 = ムダなお金 ですから。

 

 

 

実際、ウォーターサーバーを契約して、
飲む量が少なくて、ノルマのために無駄金が発生してしまうケースはあります。

 

 

それは、圧倒的に、一人暮らしの人に多いです。

 

 

ウォーターサーバー ノルマなし

 

 

 

 

「ノルマあり」「ノルマなし」というのも、気になるかもですが、
実はほとんどのウォーターサーバーでは、ノルマ分は簡単に消費できます。

 

だいたいのウォーターサーバーのノルマの量は1ヶ月で24Lです。
これは、1日コップ4杯以上水を飲めば消化できる量です。

 

 

夫婦や家族でウォーターサーバーを使っていれば、
食事の時だけでも、1日コップ4杯以上は飲んじゃいますよね?

 

 

 

なので、実際にウォーターサーバーのノルマを気にする必要があるのは、
ほぼ一人暮らしの人だけかな、と思います。

 

 

 

 

ということで・・・

 

 

 

ここでは、一人暮らしの人が選ぶポイントを補足します。

 

 

ちなみに、夫婦2人、家族3人以上でウォーターサーバーを使うときの
ウォーターサーバー選びは、こちらでポイントを紹介してます。参考にしてください。
格安ウォーターサーバーの選び方

 

 

 

 

一人暮らしの人がウォーターサーバーを選ぶときには、
実は「ノルマなし」以外にも、気をつけたい注意ポイントがあります。

 

 

 

主に、不満に思ったり、困ってることなんですが、それがこちら。

 

・使い終わった水のボトルが部屋にあるとジャマ
・水のボトル配送時に、玄関置きっぱなしにする業者がいる
・水のボトルの受け取り期間外で追加料金が発生する
・特に女性の場合、ボトルが重く、交換が大変

 

 

 

 

一人暮らしの場合だと、ボトルの置き場所や配送の件で、
想像以上に不便に感じることが多いんですよ。

 

 

単に「ノルマある」「ノルマなし」だけでなく、水のボトル配送や回収なども含めて、
トータルで考えないと、後々、面倒なことになります(^_^;

 

これからのウォーターサーバーは、ノルマなしが常識!?

 

一人暮らしのウォーターサーバー選びで気になること・・・

 

  • ノルマのこと
  • ボトルの置き場のこと
  • ボトルの捨て方のこと
  • ボトルの受け取りのこと

 

 

 

 

こういった面倒さをすべて解消してくれる
新しいタイプのウォーターサーバーがあります。

 

 

それが、水道直結型ウォーターサーバーです。

 

 

この水道直結型のウォーターサーバーは、完全にノルマなしです。

 

 

 

 

 

 

水道直結型ウォーターサーバーは、
最近になって増えつつある、新しいタイプのウォーターサーバー。

 

最初に導入するとき、家の水道とウォーターサーバーをつないで
水道水から、ウォーターサーバーへ直接水を送ります。

 

ウォーターサーバー内で水道水をろ過をします。

 

 

 

 

1ヶ月のコストは、4300円の定額です。
ボトル型のノルマよりも、若干、最低金額は高い感じですね。

 

ただ、ボトル型と違い、水を使う量が増えても
この定額料金が増えることはありません。

 

 

使う量が増えると水道代が増えますが、これはほぼゼロです。

 

 

ウォーターサーバーのボトル代に比べると、
日本の水道代って、なんと14万分の1くらいの価格です。

 

水ボトル代金:70円〜90円(500ml)
水道代:10円(10,000L=500mlの2万倍)

 

 

まあ、ウォーターサーバーのノルマあり・ノルマなしについて
いくら比較しようにも、水道代とは比較対象になりません(笑)

 

 

 

 

 

水道直結型ウォーターサーバーは、ボトルの配送もないので、
ノルマ以外のその他の面倒なことからも、開放されます。

 

 

なにげに、このメリットは大きい(^^)

 

一度、ウォーターサーバーを導入してしまえば、
1年に1回のメンテナンス以外は、手間いらずです。

 

 

 

 

一人暮らしだったら、最低料金は割高になるけど、

 

手間・面倒を避けられる水道直結型はいいと思いますよ。

 

 

 

 

水道直結だからノルマなし!あなたのペースで飲みたいときに飲める「クールクー」の詳細を見に行く⇒