ウォーターサーバー デメリット

ウォーターサーバーのデメリットと、その解消法は?

ウォーターサーバー デメリット

 

ウォーターサーバーを使っていると、
多かれ少なかれ「不便だなぁ」というデメリット
感じることがありますよね。

 

 

今回は、ウォーターサーバーの
デメリットについてまとめてみました。

 

 

 

 

 

ウォーターサーバーのデメリットは解消方法があるのか?
あるなら、解消するにはどうすればいいのか?

 

調べてみましたので、ご紹介しますね。

 

 

 

まず、私の体験談含め、
ウォーターサーバーのデメリットをざくっと書き出してみると、こんな感じです。

 

一応、カテゴリーでまとめてみました。

 

 

肉体的なウォーターサーバーのデメリット

  • 水のボトルが重い、運んだり、ウォーターサーバーに設置するとき重い
  • 注文した水を飲みきれないことがある

 

 

金銭的なウォーターサーバーのデメリット

  • 電気代がかかる
  • 料理など飲料水以外でも使うようになって、使用料が増えると料金がかさむ
  • ボトルの注文に、月2本以上などのノルマがある
  • 宅配単位がボトル2本単位なので、必要以上に注文する必要がある
  • メンテナンスにお金がかかる

 

 

心理的なウォーターサーバーのデメリット

  • ボトル追加に料金がかかるから、水をもったいないと感じてしまう
  • ボトル単位で送られてくるので、飲みきれないことがある

 

 

物理的なウォーターサーバーのデメリット

  • ウォーターサーバーの設置スペースが必要
  • 予備や追加の水のボトルを置いておくスペースが必要
  • ウォーターサーバーが汚れてしまう
  • 地震などで倒れた時の安全性が心配

 

 

こうやって、並べてみると、ウォーターサーバーのデメリットって多いですね(笑)

 

けど、安心してください。
原因を追求すると、意外と簡単に解消しますよ。

 


ウォーターサーバーのデメリットの半分は、1つのことが原因に・・・

 

こうやって、ウォーターサーバーのデメリットを並べてみると、
ピンときた人もいるかも知れないですね。

 

 

 

ウォーターサーバーのデメリットの原因は、一体、なんだろう?って見てみると、

 

 

 

実は、ウォーターサーバーのデメリットの半分ぐらいが
水のボトルが原因になってます。

 

・水のボトルが重い、運んだり、ウォーターサーバーに設置するとき重い
 →水のボトルをウォーターサーバーに設置したり、在庫を置いておくから

 

・予備や追加の水のボトルを置いておくスペースが必要
 →ボトルを置くスペースが必要だから

 

・ボトル追加に料金がかかるから、水をもったいないと感じてしまう
 →ボトル宅配にお金がかかるから

 

・ボトル単位で送られてくるので、飲みきれないことがある
 →ボトル単位(だいたい20リットル〜24リット)で水を注文するから

 

・ボトルの注文に、月2本以上などのノルマがある
 →ボトル宅配に配送料がかかるから

 

・料理など飲料水以外でも使うようになって、使用料が増えると料金がかさむ
 →追加ボトルが有料だから

 

 

 

これ、全部、水のボトルが原因になってますよね?
じゃあ、ボトルがなくなれば・・・?

 

 

 

 

 

一昔前は、ウォーターサーバーはボトル型のみでしたが、
今は、ボトルを使わない最新式のウォーターサーバーが登場しています。

 

 

これが、見事にウォーターサーバーのデメリットを解消してくれます。

 

 

 

それが、水道直結型のウォーターサーバー(クールクー)です。

 

 

 

 

このクールクーというウォーターサーバーは、
この1年くらいで発売された新商品で水道直結型ウォーターサーバーです。

 

 

水道直結型というのは、文字通り、
水道とウォーターサーバーを直接つないで使います。

 

 

水道水を、その場でウォーターサーバーに通します。
そして、ろ過して、すぐにおいしい水が出てくるという仕組みです。

 

 

 

 

 

なので、水のボトルはありません。

 

 

 

水道水と同じように、飲みたいときに飲みたいだけ
ウォーターサーバー蛇口をひねればいいだけです。

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーなら、
ウォーターサーバーのデメリットになっていたボトル関連の問題は、
ほとんど解消します。

 

 

  • 予備や追加の水のボトルを置いておくスペースが必要
  • ボトル追加に料金がかかるから、水をもったいないと感じてしまう
  • ボトル単位で送られてくるので、飲みきれないことがある
  • ボトルの注文に、月2本以上などのノルマがある
  • 料理など飲料水以外でも使うようになって、使用料が増えると料金がかさむ
  • ボトル追加に料金がかかるから、水をもったいないと感じてしまう

 

 

これら一気になくなるだけでも、ウォーターサーバーのデメリットは軽減しますよね。
ずいぶん、ストレスから解消されますよ。

 

現時点でウォーターサーバーのデメリットを最も解消するのは、クールクー

 

もちろん、水道直結型ウォーターサーバーでも、
まだ、ウォーターサーバーのデメリットは残ってます。

 

 

設置スペースが必要だったり、定期的にメンテナンスが必要な点は変わりません。
まあ、それはボトル型のウォーターサーバーも同じです。

 

 

 

なので、今のところは、この水道直結型ウォーターサーバーがベターかな、と思います。

 

もしかしたら、将来的にさらに画期的なウォーターサーバーが登場して
他のウォーターサーバーのデメリットも、すべて解消できるかもしれないですけど(^_^;

 

 

 

 

 

もし今、ボトル型ウォーターサーバーを使っていて、
契約がもう少しで終わりそうなら、水道直結型への乗り換えもアリだと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今なら、ボトル型ウォーターサーバーからの乗り換えは、
初期費用無料で、月額4200円(税抜き)だけでいいので、かなりお得です(^^)